疲労寿命/信頼性評価解析ソフトウェア『winLIFE』取り扱い開始のお知らせ

4月04日
この度、株式会社アドバンストテクノロジーでは、日本総代理店として疲労寿命/信頼性評価解析ソフトウェア『winLIFE』の取り扱いを開始しました。

winLIFEは、Steinbeis財団に所属するドイツのSteinbeis Transfer Centerで、自動車分野の耐久性/信頼性/寿命予測評価のため25年以上に渡り開発されたソフトウェアです。
交通、自動車エンジニアリング向けの拡張を主としており、FEM解析と材料認証機関のデータを用いた製品寿命計算の実行を容易にし、開発コストを削減します。
フォルクスワーゲン、ベンツ、アウディ、ダイムラー、ボッシュ他、250以上のライセンスがドイツ企業を中心に世界中で使用されており、自動車分野で証明された計算手法は、航空宇宙、インフラなど他分野でも適用されています。

winLIFEは構造コンポーネントの疲労寿命を計算するソフトウェアです。
必要とされる応用分野に応じて各種のモジュールが用意されています。
また、実験/測定サービスとソフトウェアのカスタマイズ/機能開発サービスにより、各種要望に応じた最適な設計作業環境の構築をサポートします。

対応FEAインターフェース:
ABAQUS, ADINA, ANSYS, FEMAP with Nx NASTRAN, Nei NASTRAN, Nx


疲労寿命/信頼性評価解析ソフトウェア『winLIFE』にご興味をお持ちの方は、下記お問合せページよりお問い合わせ下さい。
****************************************************************
WEBサイトにて製品の詳細をご覧いただけます!

▼▼▼ 疲労寿命/信頼性評価解析ソフトウェア『winLIFE』 ▼▼▼

▼▼▼ 資料請求等お問い合わせはこちらから ▼▼▼