汎用有限要素法連成解析ソフトAMPS

汎用有限要素法連成解析ソフトAMPS -製品概要

AMPS/Implicitは、連成解析をコンセプトとしたプリ・ポスト・ソルバ統合型の新しい数値シミュレーションソフトウェアです。連成解析の手法は、最小2乗法によるマトリクス連成法を使用しており、他のシーケンシャル連成法に比べ精度と数値安定性が非常に高くなっています。

現在では、構造-流体-伝熱-電場のマトリクス連成解析を実現しています。また、ALE法、OverSet法を使用することにより、構造-流体連成問題における移動境界問題(大変形問題)を高い精度でシミュレーションすることができます。


LANケーブルの圧着/衝撃解析
大変形解析
ラバーブーツの大変形解析

AMPSのプリプロセッサでは、ACISのソリッドモデリングカーネルを搭載しており、CADライクな形状作成が可能となっています。メッシュ生成では、ボクセル法と押し出し法を使用した6面体要素生成機能を搭載しており、フレキシブルなメッシュ生成が可能です。さらに、入力機能は、ボタン一つで連成解析を行えるわかり易いグラフィカルユーザインターフェースとなっています。またAMPSのポストプロセッサでは、高速なグラフィック表示、ベクトル表示、グラフ処理、アニメーション表示機能などを搭載しており、高度な視覚化を実現しています。

主な解析

  • 構造(応力ひずみ)解析
    • 幾何(大変形)
    • 接触
  • 伝熱解析
  • 流体解析
  • 電場解析
  • ※上記4物理場を組み合わせた連成解析
熱流体連成解析
ヒートシンクの電熱解析

主な特徴

強連成解析
  • 強連成解析機能(マトリックス連成法)
  • ALE法-OverSet法による構造-流体-電場連成解析機能
  • 弧長法による非線形解析機能
  • 増分ニュートン・ラプソン法による非線形解析機能
  • H法、P法アダプティブ法解析機能
  • SMP法によるソルバ並列演算機能
  • 歪み増分法による応力解析機能

汎用有限要素法連成解析ソフトAMPS -動作環境

OSとハードウェアの推奨環境

AMPSの動作環境システムを掲載します。
ただし、これらのシステム仕様は、解析モデルに依存しますので注意してください。
ここでは、最小限スペックとなります。

システム仕様
 Windows OS32ビット版Windows OS 64ビット版
CPUIntelR、AMD
Dual/Quadマルチコア対応
1.0(GHz)以上を推奨
サポートしている
オペレーティングシステム(OS)
Microsoft Windows 7
Microsoft Windows Vista
Microsoft Windows XP
Microsoft Windows 7
Microsoft Windows Vista
Microsoft Windows XP
RAMメモリ512MB、複雑なパーツやアセンブリを解析するには
1GB 以上を推奨します。
解析時に必要な
ディスク空き容量
512M以上を推奨します。
複雑なモデルでは、さらに空き容量が必要になります。
仮想メモリ
(スワップファイル)
512MB以上を推奨します。
複雑なモデルでは、600MB以上必要になります。

汎用有限要素法連成解析ソフトAMPS -サービス

技術サービス/サポート

弊社では、AMPS導入後、すぐに解析業務に移れるようにトレニーングコースを設置しています。
これらのコースを受講することで、シミュレーション知識を身につけることができます。
その他に、弊社では、委託計算サービス、さらには、コンサルティングサービスを実施しております。

メンテナンス契約

AMPSに関する操作方法やモデル化に関する技術サポートを行います。
また、AMPSのバージョンアップモジュールを無償で取得することができます。

トレーニングコース

AMPSのトレニーングコースは、毎月開催しております。
お気軽にご参加できます。

コンサルティング契約

新しい商品開発設計に対する、モデル構築、メッシュ生成、モデル化、解析実行、評価、報告までのすべてを請け負います。

委託計算サービス

お客様に代わって解析を実施します。
たとえば、設計パラメータが多い場合や精度保証のための捨て計算が必要な場合などの計算業務をお受けいたします。

例: 精密機械の落下解析
使用ソフト汎用有限要素法連成解析ソフトAMPS
データ提供形式SATファイル
作業内容解析モデルの構築(約10万要素)
落下解析(3ケース)
報告書作成
納期1週間(ただし、解析規模に依存する)
費用100万円